ギャンボラでアカウント凍結される原因は?誰にでも陥りやすい原因を解説

アカウントについて

ギャンボラはルール違反を犯している人にペナルティを課します。

また、アカウント凍結などの措置を取る場合もあり、場合によっては出金等の作業ができない恐れもあります。

サービスを利用し続けるためには、ギャンボラでアカウント凍結される原因を知らなければなりません。

 

この記事では、ギャンボラでアカウント凍結される原因について解説します。

また、特に陥りやすい要因について説明します。

 

ギャンボラでアカウント凍結される理由

ギャンボラは不適切な行為をするプレイヤーに厳しい措置を取っています。

警告やボーナスの没収程度で済ませるケースもありますが、最大のペナルティとしてアカウント凍結措置も採用しています。

 

このアカウント凍結される原因となるのは以下の要因です。

 

  • ボーナスの不正利用
  • 複数のアカウント作成
  • 勝利金を多く持っている
  • パスワードの入力ミス
  • アカウントを放置している
  • 退会に近い措置を行った

 

こうした要因によってアカウントは凍結されます。

多くのユーザーが陥りやすいのはパスワードの入力ミスです。

ギャンボラでは何度もパスワードの入力ミスが確認されるとアカウント凍結となり、利用できなくなります。

 

ここからは、ギャンボラでアカウント凍結される要因について詳しく説明します。

 

ボーナスの不正利用

 

ボーナスを不正に受け取っている場合、またはボーナスを利用してはいけないゲームに何度も利用していた場合など、ボーナスに関連する不正行為は全て禁止されています。

何度も問題を起こしている人にはアカウント凍結という処分を行います。

 

ギャンボラではリベートボーナスなどを提供していますが、ボーナスを利用してはいけないゲームが用意されています。

プレイしてはいけないゲームを遊んでいた場合、最初のうちはボーナス没収等で済ませていますが、何度も繰り返すようであれば厳しい措置に踏み切ります。

 

また、不正行為でボーナスを何度も受け取っているなどの情報が確認されている場合についても、ボーナスの利用規約に違反していると判断されてアカウント凍結されてしまいます。

 

複数のアカウント作成

 

複数のアカウントを作成するのは禁止されており、ギャンボラ側が確認した時点でアカウント凍結の対象となります。

この場合は保有しているアカウントの両方が凍結される対象となり、どちらを利用してもプレイできなくなります。

 

オンラインカジノは1人が保有できるアカウントが1つに制限されています。

勝手に2つ目のアカウントを作成してプレイするのは禁止されます。

理由はボーナスを不正に受け取っている可能性が高いことに加えて、利用規約違反に該当しているためです。

 

ログインできない場合はパスワード変更等で対処して、アカウントを利用できるように調整しましょう。

間違っても2つ目のアカウントを作ってプレイしても大丈夫という認識は持たないでください。

 

勝利金を多く持っている

 

オンラインカジノは企業が提供しているサービスです。

あまりにも勝利している回数が多いと判断されれば、これ以上プレイしないでほしいという思惑からアカウント凍結に踏み切る可能性があります。

いわゆるプロとされる人の利用はギャンボラも認めていません。

 

一般的なユーザーがある程度勝利する分には問題ありませんが、プロならではの攻略法を使い続けたことで延々と勝ち続け、オンラインカジノ側の利益を失わせているユーザーは危険とみなされます。

明らかに怪しいユーザーはアカウント凍結の対象となってしまうのです。

 

オンラインカジノでは勝ちたいという気持ちが強くなりますが、あまりにも勝ちすぎていると不信感を抱かれてしまいます。

延々と勝ち続けるような状況を作っていると、不正な遊び方をしていると思われる可能性もあります。

負けることも安心されるポイントとなるのです。

 

パスワードの入力ミス

 

実は一番多いアカウント凍結理由というのは、パスワードの入力ミスによるものです。

 

パスワードの入力ミスが発生している場合、数回程度であればもう1度入力して対処できます。

しかし、何度も同じ行為を行っていると、アカウントの所有者がログインしていないのではないかと判断されます。

その結果、ギャンボラからアカウント凍結の処分を受けてしまいます。

 

理由としては、アカウントを守るために必要不可欠と判断されたためです。

このまま放置していると不正ログインによって、アカウント所有者の資金が流出する恐れがあります。

それを避けるためにアカウントを凍結し、資金等を守るための対策を取っているのです。

 

この場合はパスワードを覚えていなかったことが原因になりますので、まずはパスワードを思い出す、もしくはパスワードを変更してログインするようにしましょう。

アカウント凍結の際はパスワードのミスであると説明して、凍結解除を依頼するしかありません。

 

アカウントを放置している

 

一定期間アカウントを放置していると判断されたユーザーは、これ以上プレイさせる必要がないと判断されてアカウント凍結の対象になってしまいます。

これはギャンボラ側が管理できないと判断されるためで、効率良く運営していくためには仕方ないことです。

 

数ヶ月程度であればログインできないという問題は発生しませんが、半年以上放置している場合は凍結される可能性があります。

アカウント凍結の際はメール等による連絡が入りますので、その内容を見てから速やかにログイン等で対処しておくといいでしょう。

 

退会に近い措置を行った

 

ギャンボラでは退会する際、運営側にアカウントを凍結してほしいと連絡しなければなりません。

自分で退会する際に凍結している可能性もありますので、ログインできない時は過去のメール等を検索しておくように心がけましょう。

 

なお、個人で行っているアカウント凍結については、連絡するとすぐ解除してくれます。

 

アカウント凍結された時の対処法

 

ギャンボラではアカウント凍結後、運営に連絡すれば対処してもらえる場合があります。

ただ、対処してもらえない事例もありますので、全ての問題に適用されるわけではないことを理解しておきましょう。

 

具体的には、以下の理由であれば運営側が解消してくれる可能性があります。

 

  • パスワードの入力ミス
  • アカウント放置
  • 個人で行ったアカウント凍結

 

このような事例であれば、ギャンボラの遊び方には問題なしと判断されますので、速やかにアカウント凍結は解消されます。

パスワードの入力ミスであれば、同様の行為を行わないように気をつける旨が同時に通知されます。

 

一方で以下の理由は対処してもらえません。

 

  • ボーナスの不正利用
  • ギャンボラの利用規約違反
  • 勝利しすぎたことによる凍結措置
  • 複数のアカウント作成

 

明確な違反とされている行為は、ギャンボラとしても再開を認めるわけにはいかないため拒否してきます。

アカウントが凍結されている場合には、まずどのような理由で駄目になっているのか確認し、しっかりと対処していくように心がけましょう。

 

まとめ

 

ギャンボラはアカウント凍結を行っている業者です。

放置しているとアカウント凍結の可能性はかなり高くなってしまいますので、なるべく早い段階で理由を確認し、凍結解消に向けて動けるのか判断しておきましょう。

 

凍結を解消できない事例の場合は、ある程度の時間が経過すると対処してもらえる可能性があります。

少し時間をおいてから運営側に連絡を取り、問題解消に動いてもらうといいでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました