ギャンボラの入金方法は?一番使いやすい方法も解説

入金と出金方法

ギャンボラは多数の入金方法を持っているオンラインカジノです。

入金方法が多くあるのはいいものの、入金できるサービスによって使いやすさが大きく変わります。

どのような入金方法があるのかしっかり確認した上で利用するといいでしょう。

 

この記事では、ギャンボラの入金方法について説明します。

また、ギャンボラで一番使いやすい入金方法についても解説します。

 

ギャンボラの入金方法

 

ギャンボラが採用している入金方法は以下の通りです。

 

  • エコペイズ
  • マッチベター
  • STICPAY
  • ヴィーナスポイント
  • クレジットカード
  • 銀行振込

 

以上の方法に対応しています。

オンラインカジノとしては対応している方法が非常に多くなっているため、初心者でも入金方法を選びやすいでしょう。

また、日本人でも使いやすいサービスがいくつか用意されています。

 

ここからは、ギャンボラの入金方法について詳しく説明します。

 

エコペイズ

 

エコペイズは海外で利用されている入出金サービスです。

日本ではオンラインカジノで利用する際に多く使われている入出金方法であり、定番になりつつあります。

短時間での入金を可能にしている点に加えて、出金も早く対応してくれるなどのメリットがあります。

 

他のオンラインカジノとギャンボラを併用して利用したい時に便利ですし、日本語で入金対応がしっかりできるサービスも貴重となりますので、導入して損はないでしょう。

迷った時はエコペイズを中心に検討すると安心です。

 

なお、最小入金額は10ドル、最大入金額は25,000ドルです。

 

マッチベター

 

エコペイズと同じく海外で利用されている入出金サービスです。

近年はエコペイズの規制が強化されたことにより、オンラインカジノによっては使いづらさが出てしまいました。

その影響を避けるために新しく検討されているサービスです。

 

日本語の対応はある程度行われていますが、エコペイズよりも対応がいいわけではありません。

また、マッチベターはオンラインカジノで導入されて間もないサービスの1つです。

本当に利用しやすいのかまだ検証されておらず、初心者には使いづらい傾向があります。

 

なお、最小入金額は10ドル、最大入金額は10,000ドルです。

 

STICPAY

 

こちらも入出金サービスとして導入されています。

オンラインカジノでも使われていますが、どちらかと言えば海外FXのほうが中心に利用されており、オンラインカジノで導入しているサイトはあまり多くないのが現状です。

 

日本語の対応はマッチベターよりも精度が高いものの、エコペイズに比べるとあまり良くない傾向にあります。

また、ギャンボラへの入金額などはエコペイズと同じですので、STICPAYを利用するよりエコペイズを利用したほうがいい場合もあります。

 

最小入金額は10ドル、最大入金額は25,000ドルです。

 

ヴィーナスポイント

 

ヴィーナスポイントは入金サービスとしても利用できる出金向けウォレットです。

基本的に出金をベースとしているサービスで、オンラインカジノから出金した金額であれば入金できるものです。

あまり入金目的では利用されません。

 

ギャンボラから出金した金額をヴィーナスポイント経由で入金する方法は使えますが、他の方法でヴィーナスポイントへチャージする方法はありません。

入金目的であれば別のサービスを利用したほうがいいでしょう。

 

最小入金額は10ドル、最大入金額は25,000ドルです。

 

クレジットカード

 

クレジットカードは入金方法として多く利用されているサービスで、オンラインカジノでは主力となっています。

一方で対応しているブランドをしっかり把握しておかないと、使えるかどうかがわからないため注意しなければなりません。

 

ギャンボラでは以下のブランドに対応しています。

 

  • JCB
  • MASTER

 

海外ではよく利用されているVISAは対象外となっています。

また、AMEXなどのブランドにも対応していないため、対応しているブランドがなければ他の入金方法を検討してください。

対応しているブランドでも業者側で規制される場合があります。

 

入金額の制限はブランドによって以下のルールが適用されます。

JCB 1,000ドル
MASTER 2,500ドル

※最小入金額はブランドに関係なく10ドル

 

銀行振込

 

ギャンボラが用意している銀行口座へ振り込むというものです。

銀行から送金できるのはいいものの、海外の口座が対象となりますので振込手数料が多くなってしまう点に気をつける必要があります。

また、処理についてはかなり時間がかかります。

 

ギャンボラ側では手数料を請求しないルールとなっていますが、振込にかかる手数料はかなり多くなってしまうため、あまり入金方法としては使わないほうがいいでしょう。

損失を防ぐなら別のサービスを経由したほうが楽です。

 

最小入金額は10ドル、最大入金額は5,000ドルです。

 

入金サービスごとの比較

 

改めて入金サービスごとの違いを見ていきましょう。

 

サービス名 最小入金額 最大入金額 反映時間
エコペイズ $10 $25,000 即時
マッチベター $10,000
STICPAY $25,000
ヴィーナスポイント $25,000
JCB $1,000
MASTER $2,500
銀行振込 $5,000 銀行営業時間内

 

最小入金額はどのサービスでも共通となりますので、最大入金額と反映時間を見ておけば比較しやすいでしょう。

最大入金額はエコペイズとSTICPAY、ヴィーナスポイントが一番多く、JCBによる入金では1回で1,000ドルしか入金できません。

 

また、銀行振込は反映されるまでに多くの時間がかかってしまうため、即時とされている他のサービスに比べると圧倒的に使いづらくなります。

より多くの入金に対応しており、即時で反映されるサービスを利用したほうがいいでしょう。

 

ギャンボラで一番使いやすい入金方法はエコペイズ

 

ギャンボラで使える入金方法の中で、一番使いやすいのはエコペイズです。

3つの要因により、他のサービスより使いやすいのです。

 

  • 最大入金額が多い
  • 入金が即時反映される
  • 日本語の対応がしっかりしている

 

最大入金額や入金の反映時間は、他にもSTICPAYやヴィーナスポイントが同じような条件となっています。

しかし、ヴィーナスポイントは入金で使うのはかなり難しくなっていますので、入金方法として考えていくならSTICPAYとエコペイズになります。

 

STICPAYは日本語のサービスがしっかりしていないこと、そしてSTICPAYから銀行口座に送金する際に多額の手数料が必要となる点が大きな問題となります。

エコペイズのほうが手数料の面では優遇されているため、出金まで考慮するのであればエコペイズが使いやすいのです。

 

日本語の対応が丁寧で、エコペイズへのチャージ方法も比較的多くなっていることを考えると、初心者はまずエコペイズを検討してください。

なお、少額の入金でもいいのであれば、クレジットカードを利用しても構いません。

ただ、出金方法を用意しなければ今後の対応は難しくなります。

 

まとめ

 

ギャンボラの入金方法は多数ありますが、どのサービスを利用していくかによって入金までに反映される時間、最大入金額の要素が変わっていきます。

なるべく即時反映されるもので、大きな金額の入金が可能となるものを使ってください。

 

一番オススメできるのはエコペイズですが、出金サービスを別途に用意できるならクレジットカードのほうが手間はかからないでしょう。

自分のゲームスタイルに合わせて一番理想的な方法を選びましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました