ギャンボラの出金方法は?出金する際のルールについても解説

入金と出金方法

ギャンボラで得られた利益は出金する必要があります。

このままアカウント内に残したとしても、手元に返ってこないようでは現実で利用できません。

手元に戻すためにも、ギャンボラで出金する際の方法をしっかり確認しておきましょう。

 

この記事では、ギャンボラの出金方法について説明します。

また、ギャンボラで出金する際のルールなども解説します。

 

ギャンボラの出金方法

 

ギャンボラの出金方法は以下の通りです。

 

  • エコペイズ
  • マッチベター
  • STICPAY
  • ヴィーナスポイント
  • クレジットカード
  • 銀行送金

 

基本的に入金方法と同じ手法が採用されています。

クレジットカードは出金方法として導入されていますが、入金額以上の出金には対応していませんので、利益分を出すためには別の方法を導入する必要があります。

 

ここからは、ギャンボラの出金方法について詳しく説明します。

 

エコペイズ

 

エコペイズは入出金サービスとして多く導入されており、多くのユーザーが利用しています。

オンラインカジノでは定番とされている方法でもあり、安心して入出金対応ができる点も魅力的です。

一方で年々規制は厳しくなる傾向もあります。

 

エコペイズで出金する際はアカウント番号等が必要になりますが、入金方法としてエコペイズを利用している人は入金時の番号をそのまま利用すれば問題なく出金可能となります。

大きな出金や利益にも対応しているため、このサービスを導入していくのはいい方法です。

 

出金額の上限は25,000ドルとなります。

 

マッチベター

 

マッチベターは新しい入出金方法として期待されているもので、エコペイズの規制が強化されたことで導入が進んでいます。

サービスとしてはエコペイズとあまり変わらないものの、エコペイズで規制されているサービスが利用可能になるなど使いやすさはあります。

 

ただ、日本人には使いづらいサービスの1つでもあり、日本語対応がしっかりしていないという問題があります。

エコペイズを長く利用している人が移動して利用していくのは基本的に良くないため、新しく利用する人以外は避けてもいいでしょう。

 

こちらも出金額の上限は25,000ドルです。

 

STICPAY

 

STICPAYは日本語にも対応している入出金サービスとなります。

入出金サービスとしてはあらゆる方向で利用されている点は魅力的となりますが、STICPAYから銀行口座に戻す際の手数料が非常に高くなっており、他のサービスに比べると使いづらくなっています。

 

入出金対応は比較的早く、出金についてもギャンボラから大きな金額を出せるという視点で評価できるサービスとなります。

しかし、手数料の高さなどを考慮されてエコペイズなどと比較すると見劣りする部分があります。

 

こちらも出金額の上限は25,000ドルです。

 

ヴィーナスポイント

 

日本人が出金サービスとして利用する傾向にあるヴィーナスポイントは、日本語完全対応という使いやすいサービスが魅力的です。

また、銀行口座への出金手数料もかなり少ないため、あまり大きな金額を失わないメリットがあります。

 

しかし、ギャンボラでは大きな金額の出金は対応できないなど、使いづらい点も残されています。

ヴィーナスポイント自体は非常に良いサービスですが、ギャンボラとの相性という部分ではあまり期待できません。

 

出金額の上限は1,000ドルと少なく、何度か出金依頼を出さなければならない場合もあります。

 

クレジットカード

 

クレジットカードは出金方法として導入されているものの、入金額を戻す際に利用される以外は使われません。

利益分の出金はできなくなっていますので、絶対に利益分を出金する目的では利用しないでください。

 

クレジットカードで出金するまでには相当な時間がかかってしまい、対応するまでに1ヶ月近く必要となる場合があります。

これは、クレカの決済履歴を消去するために導入されている確認作業が影響しているためです。

短時間での処理を期待するなら他の方法を選びましょう。

 

銀行送金

 

海外の銀行を利用して送金してもらう方法となります。

銀行へ送金する方法は手堅い手法ではあるものの、入出金サービスに比べて対応が遅い点が問題となります。

また、出金額の上限についてもあまり高くありません。

 

最大の問題は手数料です。

銀行送金を利用した場合、1回の出金依頼に20ドルの手数料を請求されてしまいます。

20ドルというのは非常に大きな数字となりますので、負担したくない人は別の方法を利用してください。

 

出金額の上限は5,000ドルとなります。

 

出金方法による比較

 

ギャンボラで使える出金方法を改めて比較していきましょう。

 

サービス 最低出金額 最大出金額 手数料
エコペイズ $10 $25,000 なし
マッチベター
STICPAY
ヴィーナスポイント $1,000
クレジットカード 下限なし 入金額まで
銀行送金 $200 $5,000 $20

 

この表を見てもわかりますが、銀行送金が圧倒的に不利であると判断できます。

他の方法に比べると圧倒的に使いづらくなっており、最低でも200ドル以上の出金を求められ、手数料としても20ドルが必要と厳しいルールがあります。

 

クレジットカードは下限は設けられていませんが、出金額として出せるのは入金額までになります。

利益分についてはヴィーナスポイントなどを利用して出金依頼を出したほうがいいでしょう。

クレカと銀行送金についてはあまり利用しないほうが無難です。

 

ヴィーナスポイントはやや使いづらい設定ではあるものの、1回の上限が1,000ドルというルールさえ除けば対応の速さなどもあり使いやすさがあります。

エコペイズやマッチベターなどのサービスは、入金と出金を共通させたい時におすすめです。

 

ギャンボラの出金ルール

 

ギャンボラには以下の出金ルールが用意されています。

 

  • 入金と同じサービスを利用する
  • 入金額と同額を利用しなければ出金できない
  • ボーナスは条件を達成しなければ出金不可

 

このようなルールが適用されます。

特に間違えやすい部分として、入金と同じサービスを利用しなければ出金できない点があります。

これは入金方法と出金方法を別にする手法が認められず、同じサービスを利用しなければ認められないというものです。

 

例えばエコペイズで入金した場合、エコペイズ以外のサービスで出金依頼を出すのは認められません。

この場合は必ずエコペイズを利用しなければなりません。

エコペイズ以外を利用した場合、入金方法と出金方法が異なるため認められないのです。

 

一方でクレジットカードについては、クレジットカードで出金依頼を出さなくても他の方法で対処できます。

クレカ出金は基本的に対応していないためで、別のサービスを利用して出金依頼を出せるようにしています。

 

他にも入金額と同額を利用しなければ出金できないルールがあります。

100ドルを入金した場合、100ドル以上ゲームに使わなければ出金依頼が出せないのです。

これはマネーロンダリングの問題を解消するために利用されています。

 

なお、ボーナスについては条件を満たさなければ出金依頼が出せません。

ギャンボラはリベートボーナスが主体となっていますが、それ以外のボーナスもあります。

リベート以外のボーナスはルールに従って必要な金額を使ってください。

 

まとめ

 

ギャンボラの出金方法は多数ありますが、出金依頼を出せるのは入金した方法と同じです。

出金サービスを間違えて失敗しないように気をつけましょう。

また、出金する際は入金額以上のプレイが必要となるため、入金した金額を覚えておくようにしましょう。

 

なお、出金拒否される事例はありません。

ギャンボラはしっかり対応していますので、出金依頼は確実に対応してくれます。

安心して出金依頼を出してください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました