ギャンボラのアカウント認証はどのように手続きすればいい?注意点も解説

アカウントについて

ギャンボラはアカウント認証が完了しなければ出金できないルールが存在します。

少しでも早く出金したいと考えているなら、できる限り早くアカウント認証を完了させましょう。

アカウントの認証さえ終わらせてしまえば、自分の好きなタイミングで出金可能となります。

 

この記事では、ギャンボラのアカウント認証について説明します。

また、アカウント認証時の注意点について解説します。

 

ギャンボラのアカウント認証方法

 

ギャンボラでは以下の情報を業者側に提供することで、アカウントを認証できます。

 

  • 本人確認書類
  • 住所確認書類
  • クレジットカード情報(利用する場合のみ)
  • Eウォレットの利用履歴
  • 入金履歴

 

こうした情報が必要となります。

他のオンラインカジノに比べて必要書類が多くなっていますが、その理由としては証明などをしっかり確認することで、安心して出金できるようにするためです。

マネーロンダリングの観点から、不適切な出金対応ができないギャンボラは、少しでも信頼性を確認してから出金依頼を出したいのです。

 

本人確認書類や住所確認書類は、どのオンラインカジノでも必要となります。

オンラインカジノを利用した経験のある人なら問題なく提出できるでしょう。

クレジットカードは利用しない場合は提出しなくても構いませんが、その場合でも出金依頼を出すEウォレットの利用履歴などが必要となるため気をつけてください。

 

ここからは、ギャンボラのアカウント認証に必要な書類について詳しく説明します。

 

 

本人確認書類

 

本人確認書類は以下の書類を提出する必要があります。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住基カード

 

こうした書類を提出しなければなりません。

この中から1枚提出すれば問題ありませんが、マイナンバーカードは個人番号を隠して提出しなければならない点に気をつけてください。

 

運転免許証が一番使いやすい書類となっていますが、持っていない人はパスポートの発行やマイナンバーカードで代用できます。

簡単に提出できるという観点でもマイナンバーカードはかなり使いやすい書類となるでしょう。

 

住所確認書類

 

住所確認書類は以下の書類が必要となります。

 

  • 住民票
  • 公共料金請求書
  • 銀行取引明細
  • クレジットカード利用明細

 

この他にも住所が確認できるような書類であれば認められる場合があります。

住所が確認できる他、直近の書類である必要があるため、かなり前に発行されたものは認められません。

また、住所が明確にされていないもの、公共機関ではなく個人が発行している書類は認められません。

 

この中では公共料金請求書が一番使いやすくなるでしょう。

ただ、持っていない場合は住民票を発行して貰う必要があります。

住民票は有料となりますので、損失が発生する点に気をつけておきましょう。

 

クレジットカード情報

 

クレジットカードを利用する場合は、クレジットカードの情報を提出しなければなりません。

提出する必要があるのは表面と裏面の2つです。

裏面は何も記載されていない場合でも提出の必要があります。

 

また、提出の条件として、最初の6桁と最後の4桁を除く数字は隠さなければなりません。

真ん中にある6桁の数字は付箋などを貼って隠しておくといいでしょう。

クレジットカード番号が指定されたとおりに提出されていなかった場合、書類として認められず再提出の対象となります。

 

なお、利用できないブランドのクレジットカードは提出しても利用できません。

 

Eウォレットの利用履歴

 

Eウォレットの利用履歴は、本当にEウォレットを利用しているか判断するために用いられます。

この証明ができない場合、Eウォレットを利用して出金依頼を出しても出金できなくなります。

どのような場合でも、この書類は提出したほうがいいでしょう。

 

基本的にトップページのスクリーンショットが必要となります。

この他にマイページのスクショを取り、氏名とアカウント番号が分かるようにしなければなりません。

アカウントの番号がわからないような状況であれば、提出したとみなされません。

 

なお、過去に利用していないと判断されるものについては、拒否される可能性があります。

最低でも1回程度の利用はしておかないとギャンボラの出金先として使えず、苦労する場合もあります。

 

入金履歴

 

入金したサービスの履歴が必要となります。

Eウォレットの利用履歴をスクショで提出するのが一番いい方法でしょう。

クレジットカードの場合は、クレジットカードの利用履歴が分かるようなら提出してください。

 

銀行振込の場合でも入金履歴が必要となりますので、振り込んだ銀行のスクショなどを提出してください。

入金履歴は本当にそのサービスを利用しているか判断するために必要不可欠な情報で、ギャンボラでは提出しない限り出金対応が受けられない点に気をつけておきましょう。

 

ギャンボラのアカウント認証の方法

 

基本的に必要書類をアップロードするだけで完了します。

アップロード先はギャンボラのマイページにある認証をクリックすると、専用のアップローダーが表示されます。

必要な書類をすべて提出すると、数日後にアカウント認証が完了しています。

 

ここで気をつけたいポイントですが、提出する書類ごとにアップローダーは異なります。

全ての書類を同じローダーに提出するようなことは避けてください。

間違ったところに提出すされた書類は対象外として扱われ、再提出を要求されてしまいます。

 

また、アップローダーを利用する際は以下の画像が含まれていないか確認してください。

 

  • 書類が斜めになっていて確認しづらいもの
  • 不鮮明で確認が難しいもの
  • 一部分が隠れて見えないもの

 

この書類は提出していると認められないため、再提出を要求されます。

特に多い事例は一部分が隠れて見えないものです。

四隅が確認できないような状況で提出しないように注意してください。

 

また、書類が有効期限切れだと判断される事例については、再提出を要求されます。

かなり前に発行していた書類の場合は、有効期限が本当に問題ないか再度確認しておきましょう。

使えないものは別の書類に切り替えて提出してください。

 

アカウント認証の注意点

 

アカウント認証はすぐに完了しませんので、余裕を持って実施する必要があります。

すぐに出金が必要とされる事例でアカウント認証が終わっていないと、出金を当日中にできなくなってしまいます。

アカウント認証はできる限り事前に完了しておき、少しでも早く終わらせるようにしましょう。

 

また、アカウント認証では細かい部分まで確認対象となりますので、書類の情報が確認できないような状況だと認められない場合があります。

一部分だけが不鮮明となっている場合など、細かい部分にも気をつけて提出するようにしましょう。

明らかに読みづらいような書類の場合は、再度撮影するなどの対応を取ってください。

 

最後に個人情報に関連しているもので、どうしても見られたくないものは隠して提出してください。

マイナンバーカードの番号などは絶対に隠して提出しなければ、将来的に悪用されて大きな問題が発生するケースもあります。

見られてはいけないものは隠しておくように心がけてください。

 

まとめ

 

ギャンボラはアカウントの認証ができないと出金できない問題が発生します。

少しでも出金を早く完了するためにも、ギャンボラのアカウント認証はすぐに済ませるようにしましょう。

必要な書類はかなり多くなっていますので、どの書類が必要なのかしっかり判断しておく必要があるでしょう。

 

できる限り事前に書類を準備して、余裕を持った認証手続きを行うようにしてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました