ギャンボラでVプリカ入金はできる?入金方法や注意点を解説

入金と出金方法

ギャンボラではプリペイドカードによる入金も可能にしています。
プリペイドカードの代表的なものと言えばVプリカですが、過去には利用できていたものの、現在利用できない状況が発生しています。
過去に利用できた場合、どのような方法で入金できていたのか、確認しておくと今後に繋がる場合があるでしょう。

この記事では、過去に利用できたギャンボラでVプリカ入金をする方法について説明します。
また、Vプリカによる入金を実施する際の注意点について解説します。

過去にギャンボラはVプリカ入金が可能だった

以前のギャンボラはVプリカ入金を可能にしているオンラインカジノでした。
VプリカはVISAブランドで発行されているプリペイドカードですが、VISAブランドのクレジットカードに対応しているギャンボラであれば入金可能だったのです。
ただ、一般的なクレジットカード入金では対応できないため、Vプリカ専用の入金方法について確認しておく必要があるでしょう。

現在でも使えるクレジットカードによる入金を検討する場合、どうしても使いすぎという問題が発生してしまいます。
カードの使いすぎで返済できないような状況が発生すると、今後の生活にも多大な影響が及んでしまいます。
生活を守るためにも、Vプリカを利用して入金する方法は非常に有効だったのです。

Vプリカは購入時に手数料が必要となりますが、ライフカードを利用すれば手数料を削減できるメリットもあります。
ライフカードを持っている人で、どうしてもクレジットカードによる入金を避けたいと考えているなら、Vプリカを利用するのもいい方法でしょう。
ただ、Vプリカを利用する際には基本的に金額を使い切る必要があるため、必要な金額分を考慮して購入するなどの対応が必要です。

なお、現在はVプリカ入金に必要な手続きが不可能となっており、現時点では再開される可能性も不透明な状況です。

Vプリカを利用して入金する方法

Vプリカを利用して入金する方法ですが、以下の手順で進めていきます。

※現在対応しているサービスが利用できないため、Vプリカ入金はできません

  • 入金をクリック
  • PASSNGOをクリックしてカード情報入力画面へ進む
  • Vプリカのカード情報を入力する
  • 入金金額を入力
  • セキュリティコードを入力
  • VプリカのログインIDとパスワードを入力
  • スムーズに進めば入金手続きが完了する

このような手順で進められます。
基本的にはクレジットカードと変わらないのですが、VプリカのログインIDやパスワードの入力が必要ですので、しっかりと必要な情報を覚えておきましょう。
また、Vプリカを発行されている際にセキュリティコードも発行されていますので、しっかり情報を確認するなどの対応が必要です。

ここで注意したいところですが、入金額はドルで表記されています。
Vプリカは円で発行されるプリペイドカードですので、入金額をしっかり調整しないと正しい入金ができません。
希望する金額がVプリカの金額を超えていた場合、エラーが発生して入金できなくなります。

また、Vプリカ入金がスムーズに進まない場合、何らかのエラーが発生している可能性もあります。
エラー発生の場合は修正が必要となりますのdえ、しっかりと修正手続きを進めたほうがいいでしょう。
大半の場合はVプリカの所有者情報が不透明となっているため、このままでは利用できないと判断されています。

Vプリカ入金を利用する際の注意点

Vプリカ入金を利用する際は、以下の注意点を確認しておきましょう。

※現在ギャンボラでは利用できませんが、他のオンラインカジノ等で利用する際は気をつけてください。

  • 常に残高を確認してから入金する
  • Vプリカの名前を本名にしておく
  • メンテナンス中は利用不可
  • 何度もエラーを起こすと入金不可能に

特に気をつけたいポイントですが、Vプリカの名前を本名に変更してください。
変更しておかないと入金手続きが確実に止められてしまう他、怪しい人物と判断されて入金手続きができない恐れもあります。
将来的な部分も含めて、事前にVプリカ側で変更できる部分はしっかり変更しておきましょう。

ここからは、Vプリカ入金を利用する際の注意点について詳しく説明します。

常に残高を確認してから入金する

先程も少し説明しましたが、残高は確認してから入金してください。
残高を超える入金手続きはできません。
また、ドルと円の違いなども含めて、事前に計算するなどの対応も必要となります。

残高を超える入金手続きを行った場合、その時点でエラーが発生します。
プリペイドカード側の入金額が多すぎることで、最後まで入金手続きが進まないのです。
しっかりと入金手続きを完了させるため、残高はしっかり確認しておく必要があるでしょう。

Vプリカの名前を本名にしておく

一番重要なポイントですが、Vプリカを利用する際はアカウント情報を本名に変更してください。
Vプリカはニックネームによる利用が可能となっていますが、ニックネームではギャンボラへの入金ができなくなています。
最大の理由は、アカウント情報とVプリカの利用情報が異なるためです。

ギャンボラは本人が利用している入金方法については問題なく通るようにしています。
しかし、ギャンボラとVプリカの情報が異なる場合、明らかに別人が入金手続きをしていると判断されてしまい、入金不可能になります。
個人名にしていない人は、Vプリカの情報を変更して個人名義にしておかないと、入金手続きが確実にできなくなってしまいます。

個人名義ではないVプリカを利用し続け、入金を止められている場合、悪質なユーザーと判断されてアカウント凍結の可能性もあります。
アカウントが凍結されると、今後一切の入金等ができなくなり、ギャンボラを利用できる状況も作られません。
間違ってもVプリカの名前だけでアカウントが使えない状況は作らないようにしましょう。

メンテナンス中は利用不可

PASSNGOのメンテナンス中は入金できません。
VプリカはPASSNGOを経由しなければ入金できないサービスですので、メンテナンス中であった場合は他の方法を検討してください。
また、Vプリカ側のメンテナンスが行われている場合も、Vプリカの情報を入力する画面でエラーが発生し、入金できなくなります。

どちらの場合でも、メンテナンス中の入金だけは避けるようにしましょう。
メンテナンスの時間は事前に説明されているため、後はその時間を避けて対応すれば問題ありません。

何度もエラーを起こすと入金不可能に

何度もエラーを起こしている場合、同じサービスでの入金が不可能になります。
エラーを起こしているユーザーは非常に危険だと判断されているためで、Vプリカによる入金ができなくなります。
また、他のサービスでも同様に問題を起こしている場合、入金手続きが不可能となる可能性があります。

入金できないアカウントは、事実上使い物にならない状態を意味しています。
使い物にならないアカウントを持っていても意味がないため、エラーによる入金手続きが停止されるまで待つしかありません。
場合によっては、サポートへ連絡して対応してもらい、入金できる状況を作って貰う必要があるでしょう。

なお、Vプリカで問題を起こしている場合、他のクレジットカード入金等も利用不可能になる場合があります。
理由はPASSNGOを経由して入金するクレジットカードもあるためで、同様の問題として処理される恐れがあります。

まとめ

過去に利用できたVプリカは、クレジットカードの要領で入金できるメリットを持っていました。
しかし、現在は入金手続きができず、今後の見通しも立っていません。
Vプリカは、クレジットカードを持っていない人にありがたい方法だったのは間違いなく、再開が期待されています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました